400人を超える一流ホストを育て上げてきたホストクラブ経営のカリスマ・蒼樹圭がホストの恋愛テクニックを伝授します。とにかくモテたい。ホントの優良店で働きたい。そんなアナタは必見です!

VOL.14 ホストは『夢を売っている』のか?

2014年10月28日

よくホストが


『僕たちはお客様に夢を売る商売だから・・』


なんて言っていますが、


個人的には鳥肌が立ちすぎて、


鳥になって空に飛び立ちそうな勢いです。


あれはおそらく、ホストになる前から


漫画やテレビ、


そしてホストに入店してからは、


店にもよりますが、先輩からのウケウリや、


ミーティングで教わりそれを信じて疑わないので

---続きを読む

その後も、『夢を売る』というフレーズが


気に入り、そしてその言葉を吐く自分に


ベロベロに酔っているのではないかと思います。


さてホントにホストは夢を売っているのでしょうか。


・・・否っ!


ホストは『非日常空間』と


『酒』と『男』と『自分』を売って、


お客さんからは『支払い』と『夢』を


頂いています。


よくお客様はホストに来店してお金を使い、


『また仕事がんばろう』って思うとか、


『○○の為に頑張る事が私のモチベート』


とか言う方がいますが、


決して『夢をもらったわー』なんて


ホストと関わってからの


約20年間聞いた事がありません。


結果、ホストは夢を与えているように見えて、


実はお客様に夢を頂いているようにも思えてなりません。


なぜならば、多くのホストは、


「一攫千金」をあわよくば夢見ています。


地方から来た得体の知れない


『太いお客さん』や、そこそこの芸能人、


若いけどやたらと


毎日来店してくれて月に何百万と使う太客。


怪しい仕事をしながら稼いだお金を


全部渡してくれて、自分はお洒落なんてせずに


ナンバー1に押し上げてくれようとする


健気なお客さん。


そんなステキで太いお客さんと


いつ出会うかいつ出会うかと、


毎日毎日、自分を磨きながら、


酒が残る重い体を引きずり、


店に出勤するんです。


そう、ホストこそ夢があるから、


嫌なヘルプも、


飲みたくないシャンパンも、


付きたくないテーブルも、


全ーー部我慢出来るという事。


つまり店内では、


ホストはお客さんに、


『現実を生きる力』を与え、


お客さんからホストは、


『夢を見るチャンス』を頂いているのであり、


全くホスト側から夢を売っていないと思われます。


まぁこれには賛否両論あるでしょうし、


どちらが正しいとか、そんな話でもありません。


クサいセリフばっか言って全然売れないホストと、


現実的だけど、


的を得て売れているホストの


違いと言ったら、


理解のスピードが速くなるかもしれませんので


発想の転換が必要かもしれませんね。


というわけで、


ホストクラブに行く際は、


ホストは夢ではなく『男』を売っている


という事を認識して楽しんで頂ければ


ホスト達もホスト冥利に尽きる事でしょう。


蒼樹 圭

adless

info@aoki-kei.com
officialHP

http://aoki-kei.com/

「モテないオトコ・売れないホスト・店舗」
受付時間 10:00~22:00