400人を超える一流ホストを育て上げてきたホストクラブ経営のカリスマ・蒼樹圭がホストの恋愛テクニックを伝授します。とにかくモテたい。ホントの優良店で働きたい。そんなアナタは必見です!

VOL.20 パパの経済力は衰えるモノなのか。①

2015年4月28日

夜の商売、


誰もが直面する問題の1つとして、


「いつ上がるべきか?」


「夜1本でいくべきか?」


という切実な問題に、


ホスト、キャバ・クラブ嬢は必ずぶち当たる事になります。


しかも、平均より売れていたり、


実力があったりする人間の方が当然この問題に


ぶつかる事が多く、理由としては


才能がある事により、


「今までなに不自由なく生活出来ていたから」です。

---続きを読む

異性の問題も、


金銭問題も、


体調の問題も、全てにおいて


特に困る事もなく、日々を過ごし、


第2の青春チックな生活をしていましたが、


早くて27歳、遅くとも31歳頃には、


男女問わずこの問題にぶつかり、


頭を悩ませる事になるのは必至であり、


ある意味、その先にある本当の1流2流への分かれ道でもあり、


未知なる世界への水商売的登竜門と


言えるかもしれません。


言うまでもなく、ブスなキャバ嬢や、


才能のないホストはそこに行き着くまでもなく、


自身で気付き去っていくか同じ業界でも


異なる業態で貢献する事を選んだりする事になります。


話を戻し、


当然、その悩み始める年齢で充分な預金や、


資産、そして明確なビジョンがあり、


1流と呼べる人も存在するかもしれませんが、


やはり大半は、買い物や若さゆえの散財、


親への仕送り、都会暮らしの固定費等で


半端な預金残高で、いざ税務調査でもあろうものなら


一瞬にして、撃沈してしまうほどかと思います。


(納税していない場合ね)


今回は、女性からの相談を元に記事を作成しているので、


あえて女性にフォーカスして話を進めますが、


その女性は


・今年で32歳、


・ずっと売れてきた水商売人生


・生活費援助してくれるパパ有り。


・同い年の彼氏有り。


相談内容としては、


このまま1本でいき、店を持つか?


夜を上がって、安定したサラリーマンの方と結婚するか?


という内容。


まぁその辺にありがちな内容っちゃ内容です。


しかし、やはりそこは現実的な女性、


刹那的で、おバカな男性とは異なります(笑)


男性やホスト(店)の相談を専門とする僕にとって、


正直この返答には困ったので、


少し考えてシンプルに返答したんです。


(返答)


女性の水商売は「付加価値」が多くを占めるモノ。


という事は今後も毎年、年齢を重ねていく毎に


その「付加価値」を価値が下がるかどうかを冷静に考え、


どっちか人生を生きていく上で、


「楽しいか」とか「有意義か」を考えましょう。と。


①美しさ。


人並み外れて美しい人なら、年齢を重ねても、


夜の世界で十分やっていける。


②若さ。


年を重ねた「オバサン」が好きな人も


世の中には少なからず存在しますが、


そういった人は専門店に行くでしょう。


やはり夜の業界、「若さ」は貴重で、


カネになり、かけがえのない「武器」なのです。


③人間力。


これは人間の持っている雰囲気、人間性、


そして会話力。


会話力というのは「面白さ」だけではなく、


1人1人のお客様の現況を理解した上での、


説得力や思いやり等、全て含めます。


~この話続きます~


蒼樹 圭

adless

info@aoki-kei.com
officialHP

http://aoki-kei.com/

「モテないオトコ・売れないホスト・店舗」
受付時間 10:00~22:00