400人を超える一流ホストを育て上げてきたホストクラブ経営のカリスマ・蒼樹圭がホストの恋愛テクニックを伝授します。とにかくモテたい。ホントの優良店で働きたい。そんなアナタは必見です!

プロフィール

蒼樹 圭
「蒼樹 圭の軌跡」
北海道の高校を卒業後、19歳より大阪はミナミにてホストを始める。
約1年後から、ナンバーワンとして君臨するが当時の大阪のホスト文化に限界を感じ単身で新宿・歌舞伎町へ。
その後、友人達と独立しプレーヤー・経営者として全国を東奔西走する事となる。
プレーヤーとしては月間最高売上1800万円を記録し、当時200人いる全従業員の中、最速で1000万円以上の売上に到達。
その後、経営者として自身の経験やあらゆるノウハウを直接指導し、1000万プレーヤーを数多く輩出する事に成功している。
現在も全国の店舗運営に関わりながら各分野のコンサルティング業に携わる。
「メッセージ」
最初に言っておきますが、僕は物心ついた時から今日に至るまでずっと『モテ続けています』
喧嘩の強いオトコがボクシングを始め、公式の場(リング)で人を殴り、勝てばお金や地位・名誉まで手に入る。
それをホストに置き換えるとモテるオトコがホストを始め、公式の場(ホストクラブ)でモテると給料という形でお金が手に入り、狭い業界内ではありますが、地位や名誉もついてきて更に稼ぐ事が出来、雪だるま式にモテるという図式が待っています。
しかし普通の理論で言うと一般社会でモテていても、ホストという世界に入った途端モテなくなるものです。
理由は簡単。一般社会では基本的にオトコが金を払いますが、ひとたびホストになると『オンナが金を払う』からですね。
今まではカラオケやバーに行って口説き、自分が支払っていたのに、突然『金を払わせる』わけですから当然です。
人に『お金を払ってもらう』のは簡単なようで、難しいものなんです。
でも僕はそこに一度もつまづいた事はありません。そして僕は世に言う『オトコマエ』でもありません。
僕の中で『確立されているモテ理論』と『店舗育成理論』
それらを言葉や言い方を変え、現場でのミーティングを重ねていく中で、他者を育成してきました。
実際にあった例としては、他店では売れずに、移籍してきた『元サラリーマンホスト』を眠りから覚まし、1年もかけずに1000万円プレーヤー(月間)にしたり、低迷していたホストを月間アベレージ100~300万円ほどにして、安定収入に繋げたりと数えればキリがありません。
そんな僕の『蒼樹的思考』少々特殊な部分もありますが、マネのできないモノなんて皆無です。
このHPを通じて異性関係や、店舗運営に悩む皆様とシェア出来れば、『オトコ冥利』に尽きる次第です。
「モテないオトコ・売れないホスト・店舗」
受付時間 10:00~22:00